クレジットカード現金化で利用停止になるケースって一体どんな時?

クレジットカード現金化を考えている人の多くが「利用停止」のリスクについて懸念しております。
クレジットカードの利用停止をされてしまうと、ブラックリストに入ってしまい、他社のカードが利用できなくなってしまったり、新しいクレジットカードを新規発行することもできなくなってしまいます。
さらには、住宅ローンなどが組めなくなってしまったり、高額商品の分割購入の審査が通らなくなったりするので絶対に避けなくてはなりません。
今回は「利用停止にならないためにはどうすればいいのか?」という内容についてまとめましたので、是非最後までご覧ください。

利用停止になってしまうのは自分で現金化?業者で現金化?

クレジットカード現金化がバレてしまうパターンは、ほとんどが「自分で現金化」をするパターンです。
現金化業者は、ほとんどがキャッシュバック制度を設けていたり、履歴などでバレないような工夫がされているので、カード会社に疑われる可能性というのは極めて低いです。
自分で現金化をするというのは、クレジットカードを使って実店舗やネットで商品を購入して、それをリサイクルショップや買取店に持っていってその場で現金を手に入れるという方法です。
クレジットカードには「どこで何を購入したのか?」という履歴がはっきりと残ってしまうので、履歴で明らかに現金化目的の商品などを大量購入していたりすると、カード会社に目をつけられて調査をされてしまう可能性が非常に高いです。

クレジットカード現金化をバレないためにはどうすればいいの?

クレジットカード現金化をバレないようにするには、「同じ商品の購入をしない」また「換金率の高い商品は同じ場所で購入しない」ということです。
例えば、同じゲーム機などを1ヶ月に3つも4つも購入していると明らかに不自然ですよね?カード会社は履歴を見て、このような不自然な利用者をマークしはじめます。
また、新幹線のチケットや、商品券などの換金率の高い商品を同じ場所で購入していたりすると、現金化疑惑を調査されてしまう可能性がありますので、購入場所を変えるなど工夫をした方がいいでしょう。

バレた時はどんなペナルティーがある?

クレジットカード現金化がバレて仕舞えば、カードの利用停止だけではなく、「ローンが組めない」「自己破産ができない」など生活しづらくなってしまいます。
まずカードの利用停止を通告される時、必ず「リボ払い」「分割払い」など全ての未払いを請求されてしまいます。
おそらくクレジットカードの現金化を行おうと考えている人の多くが、リボ払いや分割払いなどを抱えながら、クレジットカードの現金化辿り着いているのではないでしょうか?バレて仕舞えば、その全てを一括請求されてしまいますので、十分に気をつけて現金化を行うように心掛けてください。

まとめ

今回はクレジットカード現金化で利用停止になるケースについて解説を行いました。
クレジットカードの利用停止は、ただカードが使えなくなってしまうだけではなく、様々な方向で生活を不便にします。
なので、クレジットカード現金化以外に助かる道があるのであればそちらを選択した方が良いでしょう。
クレジットカード現金化しか現金を手に入れる方法がない!という人は、先ほども説明したように「同じ場所で現金化商品の購入をしない」「同じ商品を一度に大量購入しない」など、バレるリスクを極力抑えた現金化を心がけてください。