未成年はクレジットカード現金化できるの?未成年のカードの悩みを解決!

クレジットカード現金化は未成年でもできるの?今回は未成年のクレジットカード現金化事情について解説をしていきます。
そもそもクレジットカードを持つことができる未成年というのは、高校生ではない18歳以上、または家族カードを持つ高校生に限られてしまいます。
クレジットカードは20歳以上でない作れないカード会社も多いですが、大学生の経済的な自立などを目的として、家族の同意を得るなど様々な条件をクリアすれば、上限などを設けた形でカードを作成することができます。

未成年であってもクレジットカード現金化はできるの?

クレジットカード現金化は、現金化業者の利用であっても自分で現金化をする場合であってもクレジットカードさえ持っていれば、利用可能額の上限まで現金化をすることは可能です。
つまり未成年であってもクレジットカードを使って現金化をすることはできます。
しかし先ほども言ったように、クレジットカードの上限を設けられており、大学生などの場合は10万円から多くても30万円程度と限度額がかなり低く、生活費などをクレジットカードで払っている人にとっては、すぐに上限まで使い切ってしまうというケースもあり、現金化に利用できるほどの利用可能額が残っていないというパターンもありますので、そういう場合はもう一枚クレジットカードを作るなどの対策を考えて下さい。

家族カードで現金化をするとどうなる?

家族カードは留学などで親元を離れる高校生などが利用することができるクレジットカードであり、引き落としは基本的に全て親の口座からとなっております。
つまりどんな使い方をしているのかは全て親御さんが把握しておりますし、最終的には全て親御さんがお支払いをすることになりますので、70~80%の現金化をして、20~30%損をするくらいなら「お金に困っているから振り込んでほしい」と頼んだ方が良いでしょう。
また、家族カードでの現金化がバレてしまった場合、親御さんのクレジットカードにも影響してしまう可能性があり、そうなれば取り返しのつかないことになってしまいますので、絶対にやめておきましょう。

未成年におすすめのクレジットカード現金化方法とは?

ここからは未成年におすすめのクレジットカード現金化方法について解説をしていきます。
まず初めに未成年の場合は、現金化業者の利用はあまりおすすめできません。
なぜかというと、現金化業者はトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるからです。
ネット上でクレジットカード情報の提示や個人情報の提示などをするので、悪徳な業者を選んでしまうと個人情報の漏洩などにつながってしまい、勝手にカードを使われたり、詐欺のターゲットにされる可能性もあります。
そのため、個人情報の漏洩などの心配が少ないセルフ現金化を行いましょう。
セルフ現金化の流れは「クレジットカードで商品を購入する」→「買った商品を買取してくれるお店に持っていく」→「買取価格などの取引を行う」→「簡単な書類にサインをしてその場で現金を手に入れる」たったこれだけですので、未成年の方でクレジットカード現金化を考えている人は、是非この方法をお試し下さい。

まとめ

未成年の方でもローンが組めたり、クレジットカードが作れたり、欲しいものが簡単に手に入れられる時代になり、その反動でお金に困ってしまう人もたくさんいます。
誰の助けも借りれずに悩んでいる人は、クレジットカード現金化を試して1日でも早くお金の悩みや、苦しみを解消して下さい。
もちろんクレジットカード現金化はその場凌ぎにはなってしまいますが、まずは目の前の支払いを済ませて、そこから計画的に支払いができるように立て直しましょう。