クレジットカード現金化に問題点ってあるの?

クレジットカードの現金化を知っていれば、突然現金が必要になってしまった時にも的確に対応することができます。
銀行や消費者金融などで融資を受けられなかったり、クレジットカードのキャッシング枠を最大限まで使ってしまってでもお金を確保することができるからです。
しかしクレジットカードの現金化には問題点も存在します。
そこでこの記事ではクレジットカード現金化に潜む問題点について解説していきたいと思います。

違法行為ではないが・・・

クレジットカードの現金化は法律で禁止されている違法行為ではありません。
そもそもクレジットカードの現金化とはカードを使って商品を購入し、購入した商品を売却して現金を手にするだけのことだからです。
自分のクレジットカードを使って商品を購入するのは当たり前のことですし、購入した商品をどのように使うかはあなたの勝手ですよね。
つまりクレジットカードの現金化は一切法律的には問題無いのです。
しかしクレジットカード会社は現金化を目的とした利用を禁止しています。
クレジットカードを発行するときは必ずカードの利用規約を読んでサインをするはずですが、そこには現金化を目的としたカードの使用は厳しく禁じる文言が記載されています。
つまりクレジットカードの現金化がカード会社にばれてしまうと、ペナルティーが課される可能性があるのです。
どんなペナルティーがあるのかと言えば、クレジットカードの利用停止処分や強制退会処分、そして最悪の場合には使用した代金の一括返済を求められる可能性があります。
現金化をしている人の多くはお金に困っている人が多いはずなので、利用した代金の一括返済はかなりのダメージになるでしょう。

自己破産ができなくなる

クレジットカードの現金化をしていることがばれると自己破産ができなくなる可能性があります。
自己破産とは裁判所に「破産申立書」と呼ばれる書類を提出し「これ以上支払いできないです」という「免責許可」をもらうことで借金を免除してもらう制度です。
しかし自己破産の制度を定める「破産法」の第252条では「免責不許可事由」と呼ばれる11個の項目が定められていて、この条件に該当する人間は免責が許可されず自己破産ができなくなってしまうのです。
破産手続を遅らせることを目的として「クレジットカードで商品を買ってその物を安く換金する」行為はこの禁止事項に当たる可能性が非常に高く、結果として自己破産が認められない可能性がかなり高いのです。
なお「バレなければ大丈夫」と思うかもしれませんが、裁判所によって選任された「管財人」が調査を行えばほぼ確実バレます。
つまり自己破産をする可能性が少しでもある場合には、クレジットカードの現金化をしてしまうと自分のくびを締めることになるのです。

まとめ

クレジットカードの現金化は自分名義のカードを持っていれば誰でも簡単に出来て現金を入手することができる素晴らしいテクニックです。
しかしバレてしまうと様々なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるのです。
こういった問題に巻き込まれないためには、信頼できるクレジットカード現金化業者を利用することが大切です。
信頼できるクレジットカード現金化業者の探し方は今回は割愛しますが、慎重に選ぶことをお勧めします。