クレジットカード現金化するときは本人確認不要で換金することも可能

クレジットカードを現金化したいけれど本人確認したくないときは、SMS認証だけの換金業者を利用すると免許証などの本人確認の書類が不要になります。
本人確認を必要としない換金方法も簡単に説明してるので最後まで読んでみて下さい。

電子マネーの現金化ならSMS認証だけで登録できる

現金化業者は2種類ありクレジットカードを現金化するのと、アマギフなどの電子マネーを購入して出品するやり方です。
ネットで換金するとどうしても顔が見えないので本人確認が必要となってしまいますが、出品方式だとSMS認証だけで現金化にできるのでパスポートや免許証、マイナンバーカードが不要になります。
スマホから登録すればすぐに本人確認が取れるのでご自分で電子マネーを購入して業者を通して出品すると簡単です。

SMS認証とは何か

スマホで申し込むときに電話番号を登録するのですが折り返し4桁から6桁の番号がSMSで発行されます。
いわゆるショートメールです。
電話料金未納などで利用が止められていると確認できないので、電話が使える状態か、本人が申し込んでいるのかで確認が取れます。
SMSが使えないときは音声でコードを伝えてその番号を入力するか、指定した電話番号にかけて確認を取る方法もあります。
もし電話が止められている場合はメールで認証できるケースもありますから諦めずにパソコンから登録してみて下さい。
メールでの認証もコードが送られてくるので入力することで本人確認が取れます。

クレジットカード現金化の場合は本人確認とカード番号が必要

出品式以外の現金化業者に依頼するときは本人確認の画像と、クレジットカードの番号が入った画像の2枚を業者に送信することになります。
厳しいところだとセキュリティコードの3桁も必要となってきます。
なぜ現金化業者はそこまでして本人確認を行うかというと、偽造する人が後を絶たないからです。
クレジットカードは本人に成りすますことが容易にできるため、他人の番号さえわかれば現金化に出来てしまいます。
そこで本人かどうかチェックするために免許証などの本人がわかるものと、クレジットカードの名義人を合わせてチェックしていくことで偽造やなりすましを防いでいるのです。

お店で買い取る場合は本人確認不要の金券ショップがあります

クレジットカード現金化するときにお店で換金することもできます。
少額の場合は本人確認を省略することもあるので、身分証を持っていなかったり個人情報を絶対に教えたくないときは金券ショップが換金しやすいです。
額面1000円程度ならほとんど身分証求めてきませんし5000円でも身分証不要な店もあります。
金券ショップだと比較的本人確認が緩いのが特徴で、数件回ることでまとまった現金を手にすることができます。
ゲームや家電品などを買取る店だと100円でも身分証を求めてきますから、クレジットカード現金化するなら少額の商品券を扱ってる金券ショップだと簡単です。

まとめ

本人確認がネックでクレジットカード現金化をためらっていたら、まずはアマギフなどの電子マネーをご自分で購入して出品式の買取業者に依頼すればSMS認証だけで本人確認が取れます。
電話が使えなかったり個人情報を教えたくないときは金券ショップで買取ってもらうと少額なら本人確認不要で換金してもらえるので安心です。