もしクレジットカード現金化の優良店を使わないとどうなるか

クレジットカード現金化の店舗にも優良店とそうでないものとがあります。
優良店に申し込みをしなかった場合、数々のデメリットを覚悟しなければならない点はしっかり認識しておくようにしましょう。
ここでは優良店を使わないことで特に問題となる要素について挙げていきます。

優良店を使わないと申し込みが面倒

クレジットカード現金化の業者は実店舗ではなくインターネット上にサイトを開設して、そこから申し込みを受けつけています。
優良店の場合、申し込み専用フォームが整備されているのに加えて電話やチャットでの相談にも応じているなど窓口が幅広く用意されているのが特徴です。
一方で、質の悪い業者だと申し込みフォームの作りが甘かったり相談窓口が存在しないなど様々な面でサイトに使いにくさが見られます。
優良店以外で申し込みをしようとしても手続き方法に戸惑ってしまうことが多いため、一刻も早くお金を用意したい緊急時に時間を無駄にすることにも繋がってしまうでしょう。

優良店以外ではクレジットカード現金化の換金率は高くならない

クレジットカード現金化において優良店とそれ以外でもっとも顕著に差が出るのは換金率についてです。
基本的にクレジットカード現金化業者は利用者の足元を見るような形で、強気の換金率を提示してくる場合がほとんどとなっています。
60%や70%といった換金率を平気で提示してくる業者も少なくないため、そうした業者を無理に使っていると口座引き落とし日には簡単に資金がショートしてしまいます。
優良店であれば平均的な換金率でも80%以上、初回の利用時や高額利用時ともなれば90%を軽く超える換金率を提示してもらえることもあります。
少しでも換金率を上げておきたいのであれば、優良店に申し込みをした上でさらに高換金率が適用される条件を満たすようにしていくといいでしょう。

優良店でないと現金の振り込みを待たされることがある

クレジットカード現金化業者の質を左右する要素として、換金率と同じくらい重要なものに振り込みスピードがあります。
振り込みスピードとは主に、実際にクレジットカードで決済処理を行なってから銀行口座に現金が振り込まれるまでの速度を示したものです。
たとえ現金化の手続きそのものがスムーズに進んだとしても、この振り込みの段階で待たされてしまうと現金をなかなか受け取ることができなくなります。
決済後に現金振り込みを待たされると精神的にもストレスが大きいため、この待ち時間がなるべく少なくて済む優良店を選ぶことは大切です。
また優良店によっては銀行のモアタイムシステムを使って24時間体制で振り込みをしてくれるところもあります。

優良店以外では個人情報の保護に不安がある

クレジットカード現金化の申し込みでは、クレジットカードと銀行口座の番号に加えて身分証の写真データを提出することになります。
こうした情報は裏社会に流出してしまうと新たな詐欺のターゲットにされてしまうなど、非常に多くの危険を呼び込むことにもなるので注意しましょう。
クレジットカード現金化の優良店と呼ばれる業者ではプライバシーポリシーについて厳格に定めており、第三者に利用者の個人情報を渡さないことをしっかり明記しています。
こうしたプライバシーポリシーについての表記をしていない業者は、お金に関する取引をする上で常識を欠いていると言われても仕方がないでしょう。

クレジットカード現金化の優良店とは

クレジットカード現金化の業界には残念ながら実の低い業者が数多く存在しています。
そんな業界における優良店とは、企業として最低限のラインをしっかり守っている業者であるとも言えます。
換金率の待遇などで上を見ていくとキリがないのも確かなので、少なくとも下限を意識してクレジットカード現金化 優良店を選んでいくことも重要になってくるでしょう。

関連記事